スティーヴィー・ワンダーの通算19枚目となるアルバム。名曲がぎっしり詰まった、1980年代の幕開けを飾る傑作。全米5位「マスター・ブラスター」、名バラード「レイトリー」、敬愛する故キング牧師に捧げられた「ハッピー・バースデイ」等を収録。 (C)RS

 ・ amazon : Hotter Than July (1980) / ホッター・ザン・ジュライ

1980年に本作がリリースされるころには、スティービー・ワンダーの最も実り多き時代はすでに終わりを告げていた。一連の大成功は1972年の『Music of My Mind and Talking Book』に始まり、1973年の『Innervisions』、1974年の『Fulfullingness’ First Finale』を経て1976年の『Songs in the Key of Life』で終息に向かっていた。けれども、ワンダーの魔法はまだ十分に残っていた。それ以前の作品のスケール感やトータル性には及ばないが、本作には以前と変わらぬ素晴らしい作品も残されていて、たとえば、後悔の念にあふれた「I Ain’t Gonna Stand For It」や、大ヒットしたマーティン・ルーサー・キングJr.牧師への賛歌「Happy Birthday」がある。また、レゲエを取り入れた「Master Blaster (Jammin’)」は、しばしば真似されるクラシックナンバー(エルビス・コステロの「Watching the Detectives」を聴けばよくわかる)である。(Randy Silver ,Amazon.com)

 ・ spotify : Hotter Than July (1980) / ホッター・ザン・ジュライ

ディスク:1
  1. Did I Hear You Say You Love Me
  2. All I Do
  3. Rocket Love
  4. I Ain’t Gonna Stand For It
  5. As If You Read My Mind
  6. Master Blaster (Jammin’)
  7. Do Like You
  8. Cash In Your Face
  9. Lately
  10. Happy Birthday